神戸大霊苑 兵庫県神戸市の霊園・お墓(公園墓地)
神戸市街・明石市より約20分

よくある質問

永代供養ってどういうこと?

”永代供養”とは、本来は、子々孫々の代まで先祖を祀り供養することです。

 

”永代供養”とは、本来は、子々孫々の代まで先祖を祀り供養することです。

”永代供養”と一言で言いましても、屋外型の「墳陵型(合祀型)」「納骨塔型」「納骨壇型」「墓石安置型」や、屋内型の「ロッカー型」「霊廟型」「棚型」、そして、安置方法につきましては、「集合安置型」「個別安置型」「合祀型」などがございます。

したがって、供養のやり方や様式、費用などの内容は様々ですので、詳細をよく確認された上で、ご検討して頂く必要がございます。

 

現在では、終活で「生前建墓」「お墓の改葬」「墓じまい」などの言葉と一緒にメディアでもよく取り上げられて、「永代供養」という言葉もよく耳にする機会が多くなってきております。

また、「永代供養」というと先々が安心で、手間がかからず、子や孫に負担をかけなくてすむなど、詳しい内容までは分からないが良いイメージをお持ちの方が多いと言えます。

しかしながら、現代では多くが墓園業者や寺院の営業用語として使われ、広告に”永代供養”を謳うものが多いですが、「永代」という言葉の使用による誤解からトラブルが発生する恐れが多くなってきております。

墓園や寺院によって、永代供養の内容も様々で、永代のものもあれば、期限付きのものもあります。

 

また、永代供養にかかる費用は、基本的な料金が10万~150万円、中にはそれ以上と、預け先により様々です。

基本料金が50万円未満のところも多いようですが、お一人様やお二人様までといった数量に制限がありましたり、追加費用がかかる場合もあります。

したがって、子や孫の先の代の方までを考えると、数量に制限があるなどの場合、その都度基本的な料金が必要になってきます。子や孫に負担をかけたくないというお考えであっても、結果的にご負担がかかってしまうということもございます。

一方、お墓の場合にかかる費用は、初期費用と年間の管理料(数千円~数万円:墓所の大きさによる)を支払えば、維持管理ができる為、子や孫に負担をかけたくないということから申し上げますと、ご負担が少なくなると言えます。そして、ご家族様のご供養が続いていくことにもなります。

また、建物内にある納骨堂や納骨壇などは、お墓の墓石とは違って、建物自体は数十年も経てば、老朽化し、補修や建て替えをする必要がでてきます。

その際の費用は管理料として必要になる場合など様々かもしれませんが、いずれは必要になってくるものと言えます。

尚、中には、申し込み時の初期費用だけで、その後の管理料などの諸費用は不要というものもありますが、建物などの維持管理費などは一体誰が負担するのかや問題なく運営していけるのかどうかなど、先々どうなるか分からないといった曖昧なものもございます。

 

前述のとおり、広告に”永代供養”を謳うものが多いですが、実際には「永代」ではなかったり、その後の追加費用が必要となったり、「永代」という言葉の使用による誤解からトラブルが発生する恐れが多くなってきております。

したがって、”永代供養”という言葉は言葉だけを聞くと良いもののように聞こえますが、詳しい内容や費用のことなどはよく確認された上で、ご検討されることをお勧め致します。

 

”永代供養”について、ご不明点やご質問などがございましたら、どのような事でもお気軽にご相談下さいませ。

 

●合祀墓(永代供養墓)に関するお客様の声

合祀墓(永代供養墓)にて永代で供養して頂けるので、先々も安心しております。

 

●合祀墓(永代供養墓)についてさらに詳しく聞きたい方はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

●『お墓のなんでも相談会』も開催致しておりますので、ちょっとしたご質問やご相談など、どのような事でもお気軽にご参加ください

詳しくは、”『お墓のなんでも相談会』開催のお知らせ”をご覧下さい。

 

●合祀墓(永代供養墓)について他にこんなページもご覧になられています

神戸大霊苑 合祀墓(永代供養墓)が完成しました

合祀墓(永代供養墓)の開眼法要を執り行いました。

LINEで送る
ページ最上部へ
お墓のお引越し(改葬)や
永代供養のお悩みはありませんか?

無料メール相談はこちら

お墓のお引越し(改葬)や永代供養のことなど、匿名でなんでもお気軽にご相談ください。お墓ディレクターが、丁寧に返信させて頂きます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]